ビデオの規格について

今の若い人は知らないかもしれないが、昔ビデオテープの規格にはベータとVHSという二種類があった。
それぞれのカセットは大きさが違っていて、確かメーカーによる規格の違いだったはずだ。
今でもレンタルなどでビデオテープはあるが、あれがVHSのタイプで、ベータはVHSよりは一回り小さい感じだった。
まだビデオが一般化したばかりの頃は両方があったが、じきにベータは廃れてVHSだけになってしまった。

それはさておき、今はビデオテープではなくディスクがメインになっていて、DVDとBlu-rayの二種類がある。
一時期はDVDが廃れてBlu-rayだけになっていく、などと言われていたが、依然どちらもあるような状態だ。
同じ作品でもDVD版とBlu-ray版が出ているし、再生機も両方使えるものが多い。

なくなると言われていたDVDにも長所があるのももちろんだが、どちらもメディアのサイズが同じという所が大きいように思う。
昔のVHSとベータは、カセットの大きさが違ったので、同じ機械で両方再生させるのは難しかったはずだ。
しかし、メディアが同じ大きさなら読み取りの所さえ調整すれば、簡単にできそうに思える。詳しい規格や仕組みは知らないが、家にあるプレーヤーもどちらも再生可能だし、おそらくそうだと思う。

昔はメーカーや方式で違いを出していくのが流行ったようだが、今ではIT技術も普及しているので逆なのだろう。
多くの人が情報をやり取りするのに規格が違うから駄目、というのではやはり不便だ。
今は携帯やパソコンと連動する機器も多いので、IT家電が増えれば自然と規格も絞られてくるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です